「人体絵本ーめくってわかる からだのしくみ」

息子くんの最近の超!お気に入り絵本は、
このグロテスク!!↓↓

人体絵本―めくってわかる からだのしくみ
ポプラ社
ジュリアーノ フォルナーリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人体絵本―めくってわかる からだのしくみ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

お気に入りを超えて、ハマってます。
この本を触らない日はないくらい!

からだの仕組みが分かる、
子ども向けの易し~い絵本も持っているのですが、
こっちの本への興味の示し様ったら、尋常じゃありません!(笑)

お姉ちゃんは、
「きゃー!」
と悲鳴をあげる、
本当に本当にリアルな標本絵本で、
そこには、面白いストーリーは一切無い、
まるで医学生が覚えるかの様な、
各部の名前が、細かい腱の名前までが!
書いてあるだけの本です。

ひらがなが読める様になった息子くん、
各組織や部位の名前の漢字にふりがながふってあるおかげで!?
一生懸命声に出して読んでるー!

「ママぁ~、ここって○○って言うんだって~」

筋肉の名前なんて、
ママは腹筋とか上腕二頭筋ぐらいしか知りませんよ…
骨の名前なんて、肋骨とか、頸椎とか?

各ページには、めくれる仕掛けも沢山あって、
皮膚をめくれば、筋肉がペラ。
筋肉をめくれば、骨がペラ。
骨をめくれば、組織が出て来たり。
何度も開いたり、閉じたりしてて、本を切らないでよ~~~!

子宮の中には赤ちゃんまでいて、
お姉ちゃんも興味が湧いて来た様。
「ちょっと前まで、あなた達も、
こうやってママのお腹の中にいたんじゃな~い!」

ママも、
「お腹が痛くなる場所はここ。
ここは…大腸!?、やっぱり便秘かー!?」
肩が凝っていつも痛いのは…僧帽筋!
「肩甲骨の下のこの辺も痛いんだよね~」

なーんて結局親子でこの本を使ってたりして。

子どもって、
つくづく本物志向だなと、
思わされた一冊でした。。。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント