JAMSTEC(ジャムステック)横浜研究所

小学生の夏休みが始まりましたね~!

夏休み初日2014年7月19日(土)は、
JAMSTEC 横浜研究所 休日会館
に行ってみました♪
画像
入り口が多少分かりにくく、
本当にここに入っていいの~?
本当にここでイベントやってるの~?
といった雰囲気でしたが、
門で守衛さんが気持ち良く向かい入れてくれました♪
画像
ただの会社の様な外観から一変。
中に入ると、
まるで博物館!

ロビーでいきなり「水圧実験」をしていて、
特殊水槽の中で、小さ~くなっていくカップラーメンの容器に
子ども達釘付けでした♪
(写真撮れず、残念!)
水深1000メートルの再現で、
小さくかわいくなったカップラーメンの容器、
「ジャンケンで勝った人にプレゼント!」
にはあっさり負けて残念!

ピンポン球を入れた実験では、
小さくならず、潰れて、割れて。
それはもらえませんでした(笑)

ママはその実験用水槽のガラスの分厚さにビックリ。
この圧縮機では水深1000mまでしか再現できないそうだけど、
このガラス(ではなくアクリルだとか)は水深3000mまで耐えられるそう。
この水槽を作る技術は世界で日本に2社しかないそうで、
メイドインジャパン、さすが!
って話を聞きました♪

しんかい6500の窓も
画像
同じ技術で作られてるそうで、
もっと分厚いんだとか。

子ども達は、
スタンプラリーのスタンプを押してもらい、
画像
タイミング良く、
次は「地球シミュレータ見学ツアー」へ。
画像
職員しか入れない場所を通って、
建屋の中の、スーパーコンピューターを見に4階へ。
画像
コンピューターはものすごい熱を発するらしく、
中は床から17℃の空調完備。
電磁波を入れない様に、漏れない様に、の特殊構造だとか。
蛍光灯も使わない特殊光源なのだとか。
コンピューターが動いてる音もすごいらしく、
防音になってるとか。
地震対策も万全な免震構造になってる話とか。
(3.11の震度5強で、震度1程度の揺れだったとか!?)
鉄筋の代わりに、より頑丈な繊維で作った建物なのだとか、
その見本を見せて触らせてくれたり。
停電してしまっても、
また計算しなおせばいいからバックアップは取ってない話、
等々。
教えてくれました。

模型やパネルやスクリーンで、
研究内容を解説してくれた時には、
沢山のパンフレットをいただきました♪
画像
いったい研究財源はどこから?
いったい一研究いくらで請け負ってるのでしょう?
聞いてみれば良かったかな…なんちゃって。

見学ツアーが終わったら、
地球情報館 映像展示室へ。
「深海の生き物が何を食べて生きているのか?」
というお話を、映像を見ながら聞きました。
息子ちゃん、
お姉さんの質問に沢山手をあげて答えてて、かっこ良かったよ~★

ギャラリー展示では、美しい写真や、パネル解説を見ました。

海や地球にまつわる本やDVD等や資料が、
子供向きから大人用から専門書まで溢れてる図書室では、
(一般の人にも貸し出ししてるって、知らなかった!)
「探査船ちきゅう」
が作れるクラフトペーパーと、
画像
「しんかい6500」
が作れるクラフトペーパーをいただきました♪
画像
図書室入り口前のフロアでは、
ちょっとした惑星の展示に、
画像
太陽の大きさや、
最近惑星から外されたPluto(冥王星)の小ささに驚きました☆

スタンプラリーのスタンプを全部集めたら、
ガチャポン1回♪
娘ちゃんは、
「うみうし」をゲット!
画像
「しんべい」のマグネットをゲットした息子ちゃんは、
「しんかい6500」のストラップをおねだり♪
画像
帰る前に、
スーパーコンピューターSX9の「X」の文字が、なぜ点滅してるのか?
受付のお姉さんに娘ちゃんが質問して、
画像
ただのデザインと判明(苦笑)。

上の小さな緑のランプは
点滅が「可動準備中」もしくは「終了準備中」
点灯が「作業中」
赤色点灯が「故障中」
と意味があるらしいけど(笑)

家で早速、
スーパーコンピューターSX9のクラフトを作りました♪
画像

お昼ご飯が遅くなるまで、
午前中、
たっぷり遊んで来ました♪

空いててお勧めです!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント